結婚式で幸せいっぱい!【ハピネス分けれるウェディング】

電報の利用

花嫁と母親

現在では当たり前になった電報ですがその日本での歴史はとても古く140年以上前から利用されていました。最初の通信手段としてはモールス信号と呼ばれるものが利用されていました。電報職員がモールス信号を読み取りそれを文章へと変換し配達していました。この時代では手紙をだしたりするよりも相手に早く伝える事ができ重宝されていたと考えられます。この時代は今のものとは大きく異なりカタカナが使われ、文字数が多ければ多いほど課金されてしまうためわかるぐらいの短い文章で利用されていました。現代では技術が発展しカタカナのみの使用はなく文章も心のこもったものが送れるようになりました。現在は速さを求めるためではないものの気持ちを伝える手段として今も多く利用されています。

電報は主に結婚式や葬儀や通夜に出席できない際に利用したりしています。その呼ばれ方も異なり結婚式に送る電報は祝電、葬儀や通夜などに送る電報をおくやみ電報や弔電と呼びます。現在では結婚式に送る電報といえばカードがほとんどでしたが、今はぬいぐるみやバルーンにはいったものなど様々なものが存在します。ぬいぐるみもキャラクターのものやテディベアをウェデング風のしたぬいぐるみなど沢山のぬいぐるみの中から選ぶ事ができます。その種類にもよりますが電報自体は2000円から9000円くらいの幅で選ぶ事が可能です。ぬいぐるみが電報のカードを持っているのがほとんどですが電報として使用後もキーホルダーなどで利用できるよう工夫もされています。結婚式への出席ができない際には是非利用してみてください。